toggle

マタニティタッチ(R)認定コースについて

p_main-1

 

妊婦さんに伴走する自然療法家を育成します。

マタニティタッチ(R)スクールは、妊婦さんに伴走して「身体の野生」を育む自然療法家を育成します。

 

【1】出産のための『身体づくり』をサポートします。

マタニティタッチは妊婦さんを応援し、出産のための『身体づくり』をサポートするための教育プログラムです。
このプログラムは、以下の3つのパートで構成され、この3つをまとめてマタニティタッチと呼びます。

①生活提案 ②マタニティタッチトリートメント ③コミュニケーション

これらを通じて、野性の力とアクセスしやすいように妊婦さんの体に働きかけます。
そして妊婦さんのバランスを整え、身体の感受性を蘇らせ、「野性の力」が働きやすいようにサポートするのです。

20080627_2678

【2】3つのクラスで構成されます。

 

adviser①学科クラス

マタニティタッチの中核となるクラスです。
妊娠中の妊婦さんの身体の変化、胎児の成長などを理解します。
そのうえで、自然療法による妊婦さんの身体づくりの方法を学びます。
座学と実習を通じて、妊婦さんをサポートするために必要な知識を学習するクラスです。

 

 

 

touch②実習クラス

ご家庭で行うトリートメントを学ぶクラスです。
このクラスでは、オイルは使用せず、着衣のまま、床のうえで行うメソッドを習得します。
ポジションは仰臥位(仰向け)と座位(座ったポジション)です。
実際の場面を想定しながら、生活指導とマタニティタッチの提供方法を実習します。
パートナーへの指導方法もカリキュラムに採用しています。

 

 

 

treatment

③トリートメントクラス

マタニティタッチ(R)プラクティショナーが行うトリートメントを学ぶクラスです。
このクラスでは、精油と植物油によるアロマテラピーのオイルトリートメントを習得します。
マッサージテーブルで、側臥位(横向き)、仰臥位、座位の3つのポジションで行います。
側臥位(横向き)は、お腹の大きくなった妊婦さんの身体に負担のないポジションです。